中学年の夏休み、先輩にもらったバイクを街中で乗り回し、パトカーに追われて遊んでた頃、調子にのってカーブで転倒し、全身を強打して左腕と左足の骨折右足の靭帯損傷。しばらく病院へ入院が決まりました。

入院中、友達が来て騒いだり、彼女が来て隠れてフェラさせたりしてたら。

同室の奴らから苦情が行って、個室に移されました。

個室の上に、友達らは厳重注意され、見舞いに来るのが少なくなり、部屋で悶々してた時、夜中、新人の看護婦が居たから、からかって悪戯してました。

見兼ねた先輩看護婦が、説教をしに来た時、「身体が動かないし友達も呼べないんだから、歳の近い看護婦からかって何が悪い、叔母さんは黙ってろ」なんて悪態をついていたら、いきなり「このガキお仕置きしなきゃ駄目だね」なんて言われて、新人看護婦と他の看護婦を呼び出して、人で俺のパジャマを脱がしていきました。

ギャーギャー騒いでいたら、口の中に、パンツを詰め込まれ、素っ裸にされてしまいました。

先輩看護婦が、うるさいガキには、こうするのが一番なんて言いながら、チンコを触りだし、ギンギンに起たせて携帯で写メを撮り、ケラケラ笑ってました。

あまりの事に動揺して、チンコが萎んでしまうと、先輩看護婦はアナルに指を入れて前立腺を刺激してきました。

新人看護婦に説明しながらアナルを弄り、新人看護婦にも試してみなっと言ってやらせてました。

新人看護婦の弄るポイントは少しズレていて、またチンコが萎んでいくのを、他の看護婦達が応援して、射精までいったら拍手して新人看護婦を誉めていました。

口の中のパンツを取り出されて、先輩看護婦に「もう新人をからかわないか」と聞かれた時に、「院長や親に言ってやるとか、訴えてやる」とか言ってたら、先輩看護婦は、「徹底的に懲らしめてやらなきゃ駄目だね」と他の看護婦達に話し掛け、今度は看護婦みんなに服を脱ぐ様に言っていました。

まだガキだった頃なので、男女の貞操観念は男が女にをするって一方的な考えしかなかったから、女に犯される事なんか、全然考えてもいませんでした。

新人看護婦は、最初見学で他の看護婦達が、顔に跨がって舐めさせ様としたり、拒んで顔を背けると一人の看護婦が顔を押さえ付け、顔の上に体重をかけて窒息しそうになるまで乗っかり、他の看護婦は、またアナルに指を入れ前立腺を弄って、先輩看護婦は、ギンギンになったチンコに跨がっていました。

それを順番に繰り返し、新人看護婦は経験が少なかった様なので、皆が手足を押さえ付けてる状態で騎乗位で合体でした。

新人看護婦とやってる間に、夜勤の交代の看護婦が出てきて、全員で11人になりました。

先輩看護婦は、婦長並に権力があるみたく、他の看護婦に話しをして、次の日の夕方迄、仲間内の看護婦以外、誰も出入りしない様に言って、それ迄の間、ひたすら騎乗位、フェラ、前立腺で数え切れない程いかされました。

夕方また先輩看護婦が来て、「そろそろ解放してあげよっか」と聞かれた時には、泣きながら「ごめんなさい、すいません」を繰り返してました。

先輩看護婦は、「じゃ君は、退院する迄、私達の奴隷になるって誓う」って聞かれたので、僕は、「誓います」と何度も答えました。

やっと解放されて、その日は、疲れて朝迄グッスリでした。

次の日から、退院する迄、看護婦達の夜の相手を、約ヶ月半していました。

今思うと、あのお陰で、真面目に社会人になれた様な気がします。

よかったら投票をお願いします