私は小学校6年のとき同居していた親戚のオバサン(といっても30台半ばくらいかな?)からエッチを教えられていました。

そのオバサンとの体験ですが、私の両親が出かけてオバサンと私だけになったある日曜日の昼頃のこと、オバサンの変な声がしたのでオバサンの部屋に行きました。
少し開いた襖の向こうでオバサンは仰向けになって寝転んでいるようでした。

しかし、何か様子がおかしいのは小学生の私にも分かりました。
オバサンは仰向けになって左手で自分の右側の胸を揉んでいました。
そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。
オバサンは目を瞑ったまま気持ちよさそうに「ウウ〜ンンッ」と搾り出すように呻いていました。


私はしばらく呆然として襖の隙間からオバサンの様子を見ていました。
オバサンはだんだんと足を大きく広げて腰を動かし始めました。
スカートは太股の付け根辺りまでまくれ上がり、ベージュ色のパンティーが丸見えになりました。
オバサンは股の部分に二本の指を当てて何度も何度も上下させていました。

やがて「アァ〜ンン」と声を長く引っ張って体をのけぞらせるとそのまま静かになりました。
「ハァ、ハァ」オバサンの荒い息遣いだけが聞こえてきます。
私は金縛りにあったようにオバサンを見ていました。

何か見てはいけないものを見たような気がして、何とかしてそこから立ち去ろうと思ったのですが、体が動きませんでした。
そのうちオバサンがうっすらと目を開けたとき、しっかりと目が合ってしまいました。
オバサンは起き上がるといきなり襖を開けて私の腕を掴み
「見てたの?」
と言いました。
私はうなずくのが精一杯で声が出ませんでした。

「ちょっとこっちへ来て」
そう言うとオバサンは私の手を掴んで部屋に連れ込みました。
オバサンは私を自分の横に足を投げ出す格好で座らせました。

「何を見てたの?オバサンが何をしてたかわかった?」
と聞きました。
もちろんその頃の私にオバサンがマンズリをしていたなんて分かるはずもありません。
「ううん」首を横に振ると
「まだ子どもだもんね。でもここはもう分かってるみたいよ」
そう言って半ズボンの上から私のおちんちんをキュッと掴みました。

実はオバサンのしていたことは自分でもよく分かってなかったのですがおちんちんはすっかり堅くなっていたのです。

「T君、いいこと教えてあげる」
そう言うとおばさんは半ズボンの裾から手を滑り込ませると私のまだ幼いおちんちんを握り、ゆっくりと上下にしごき始めました。

「気持ちいい?気持ちよくなったら言ってね」
オバサンは空いた方の手で私を抱き寄せるとキスをしてくれました。
そのうちオシッコが出そうな、いやそれよりもっと強烈な何かが吹き上げてきそうな感覚が私の下腹に充満してきました。

「オバサン何か変になりそう。何か出そう」
私がそう言うとオバサンはそれまで動かしていた手をズボンから引き抜き、ズボンとパンツを一気に膝まで下ろしもう一度しごき始めました。

おちんちんの先からは何か透明な汁のようなものが出てヌラヌラとしていました。
オバサンに恥ずかしい部分を見られているのがさらに刺激となってついに私は生まれて初めておちんちんから白い液体をビュッビュッと何度も出したのです。
オバサンはティッシュで私の精液を始末しながら放心状態の私に

「気持ち良かったでしょ。もっと大きくなったら好きな女の子にしてもらうのよ」

そう言ってパンツとズボンを元通りにしてくれました。

「オバサンも気持ちよくなってたところにT君が来たのよ。だからこれでおあいこ」

オバサンは私を自分の前に座らせると

「T君おちんちんから出したの初めて?」

私がうなずくと

「そう、よかったわね。じゃあこの次はもっといいこと教えてあげる」

私はほんとうは嬉しかったのですが、半分怖いような気になってオバサンの部屋を逃げるように出ました。
その日は自分の部屋に戻ってからもオバサンに教えられた快感が欲しくなって何度も何度もおちんちんをしごきました。

その後私はオバサンの言った「もっといいこと」を期待しながらそのチャンスを待っていたのですが、それから3日ほどたった夜のことです。
私は布団に入ってうつらうつらしていました。
足元に何か気配を感じてふと目を覚ますと、誰かが暗がりの中で私の布団をめくっていました。
そして、パジャマの上から私の太股からオちんちんの上をなでているのでした。

薄目を開けると、オバサンが私の足元にひざまずいて、右手は私の下半身を愛撫し、左手はあの日のように自分の股をさすっているようでした。
私のおちんちんはすぐに堅くなりましたが、オバサンに気づかれたくなかったのでそのまま眠ったふりをしていました。
するとオバサンは私のパジャマをブリーフごと引き下ろし、すっかり堅くなったおちんちんを口に含みました。
手でしごくのとはぜんぜん違います。

オバサンの舌先がおちんちんの敏感なところに何度も絡みついてきて、あっという間もなくそのまま口に中にビュッビュッと射精しました。
恥ずかしさと手でしごくより強烈な快感とで呆然としていましたが、オバサンはそのまま口に含んだまま舌先でころがすように私のおちんちんをもてあそんでいました。
そのうちに堅さを取り戻すとオバサンは私の上にまたがってきました。

その次の瞬間でした。
口とも違うヌルッとした感触がおちんちんの先を包み込んだと思うと、ヌルヌルとして時々キュッとつかむような生温かさにおちんちん全体がずずっと包まれていったのです。
オバサンは「ウッ、ウッ」と押し殺すような声を出しながら腰を前後に振っています。

私はついさっきオバサンの口の中に出したばかりでしたが、あまりの気持ちのよさにもう我慢ができなくなって押し付けるようにしながらオバサンの中にドビュッと射精してしまったのでした。

小6にして童貞喪失!!2度目の射精にもかかわらず私のおちんちんは何度も何度もヒクヒクしながら精液を吐き出しました。

それを感じ取ったオバサンは私の上かぶさるようにしてギュッと抱きしめると

「出ちゃったの?」

と耳元でささやきました。

目を覚ましていたのがばれて恥ずかしかったのですが、こくんとうなずくと

「いいのよ。気にしなくて。気持ちよかった?」

もう一度うなずくと、

「そう。よかった。じゃあ今度はオバサンを気持ちよくしてくれる。」

そう言うとオバサンは私の右手を取って、まだつながったままのオバサンの股に忍び込ませるようにしました。
そしてまたさっきのように腰を動かし、私の指先が少し出っ張ったような部分に当たるようにこすり付けたのです。

「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」

オバサンの息遣いが少しずつ荒くなってきます。

どれほど時間が経ったかわかりません。
オバサンの息遣いとあの部分の手触りがまた新しい刺激となって、私のおちんちんはまたすっかり堅くなっていました。
私が目を覚ましていることはもうとうにオバサンにばれていたので、気にすることなく私はオバサンのあの部分から右手を抜き取ると、腰をつかみ、快感が高まってきたときのあの何とも言えない、くすぐったいような感覚を自分から求めるように何度も何度も突き上げていました。
私が突き上げるのに合わせてオバサンは声を殺して

「そう、そうよ。いいわよ。もっと、もっとして。T君とっても上手よ。」

私も快感の頂点が近づいてきてたまらなくなり

「オバサン、僕また出そう。出してもいい?」と言うと。

「オバサンももうイクから出してもいいよ。
いっぱい出して。」

そう言うとオバサンはまたさっきのように、かぶさるようにしっかりと私を抱きしめると

「イク〜ッッッ!!」

次の瞬間私もオバサンの中にドビュッとこの夜3度目の射精。
おちんちんの先から精液が出るたびに頭の中が真っ白になるようでした。
しばらくどちらも動かずに抱き合っていましたが、やがてオバサンは私から離れると予め用意していたティッシュで私のおちんちんをきれいに拭いてくれました。
自分もきれいにするとチュッと私にキスをしてそのまま部屋を出て行ったのです。

翌朝、私が起きるともうオバサンはいませんでした。
仕事に行ったのかと思っていましたが、夕方になってもオバサンは帰ってきませんでした。
母にオバサンのことを聞くと、朝一の電車で田舎に帰ったとのことでした。
私はオバサンとのことが忘れられずしばらくは毎日、思い出しては1日に何度もおちんちんをしごきました。
12歳で抜かずの中出し2連発を経験したという、小学校6年生の秋の強烈な出来事でした。

よかったら投票をお願いします