年子の姉がいるんだが、小学生の頃からHごっこと言って裸で抱き合ったりしていた。
姉が5年生の時、いつものHごっこかと思ったら急に真剣な顔になって、
○君、姉ちゃんのここ見てみ、と言って股を拡げてみせた。そして、ここに穴ぼこに
なってるだろ、ここは男のちんこを入れるところなんだ、凄い気持ち良いんだって
○君入れてみてよ、と言った。
自分はびっくりしたけどどうしていいか分らなかったら、姉にちんこをつかまれて
入りそうだな、じゃあ姉ちゃんがやってみるよと言われ、仰向けにさせられ
すでに勃起していたちんこの上に、股を拡げてさらに両手で拡げている姉が跨がってきた。

次の瞬間、ちんこが温かいもので包まれた。
姉は、痛たた痛たたと言ってたが、しばらくすると何か変な感じになってきたぞと
言いながら腰を振りはじめた。
自分はちんこ気持ち良いような生暖かくて気持ち悪いような変な感じのまま姉の
なすがままにまかせた。
姉はそうしながら、自分で自分の乳首をつまんだりしながら悶えていた。そして、
急にうわっと言って俺の方に倒れ込んできた。
繋がったまま姉に抱きすくめられながら、ちんこはひくひくとした感触で締め付けられた。
そして姉がゆっくり離れて、股を拡げたので、あそこの中心がぽっかり開いているのが見えた。
それが姉との初めてのセックスだった。それからちょくちょくそれをするようになった。
いつの間にか自分も快感を自覚するようになり、姉と俺はすっかり性の快感に溺れていた。
姉が14歳で初潮を迎えるまで日課のようにセックスいしていた。
よかったら投票をお願いします