4歳上に姉貴いるけど
俺が12歳(少6)で姉貴16歳(高1)の時の話。
昔から姉貴は美人でスタイル良くて胸も当時Eカップあった。
性格も社交的だから結構モテてた。

姉貴がマクドナルドでバイトしてたけど
同じ小学校の小5男子が姉貴に惚れたらしくて
頻繁に店に通っていては
「お姉ちゃん、大きくなったら僕と結婚してくれる?」とか
いつも言ってたらしく、俺は内心ムカついてた。


当時、俺は地元のソフトボールチームに入ってて
その小5男子も入って来たから文句言ってやった。
「お前なんかが姉ちゃんと結婚できるか!」
「テメエ、ストーカーか?」
「もう姉ちゃんに近づくな!」って怒鳴ったら
その小5男子泣き出してしまい、コーチもやって来て騒ぎになった。

コーチがお互いの親にも事の顛末話したらしく
相手の母親が謝罪に来て
「この子は一人っ子で甘えん坊で・・」
「お姉ちゃんが欲しかったらしくて・・」
「悪気は無かったんです」
「もう変な事言わせませんから・・」とか言ってた。

うちの母親も
「いいえ、うちの息子が酷い事を言ったせいで・・・」とか言って
勝手に話は治まったみたいだった。

それから数日経って、姉貴と俺が2人で留守番してる時に
姉貴は俺の部屋にやって来た。
姉「なんであの子(小5男子)に酷い事言ったの?」
俺「・・ムカついたんだよ、ああいう甘ったれた奴は嫌いなんだ」
姉「お姉ちゃん取られると思ったの?」
俺「・・・」
姉「よしよーし、いい子いい子」
頭クシャクシャに撫でられてキスされた。

俺はすごく恥ずかしくて無言で、姉貴の胸に顔埋めて抱きついてた。
姉の大きくて柔らかい胸の感触が心地良くて、
つい胸の谷間に顔埋めて、顔をブルブル左右に振って感触を堪能していた。
姉貴に甘えたい幼児本能とエロが混じった変な気分だった。
姉「お姉ちゃんのおっぱい見たい?触ってみる?」
そう言うと姉貴は来ていた白いシャツを脱ぎ捨てた。
白いブラジャーに包まれた大きな胸が魅力的だった。
姉貴は自分で両手を背中にまわしてブラを外すと
「はい」と言って俺に胸を差し出してくれた。
俺の中で完全に理性が飛んでしまって
夢中で姉貴のおっぱいを揉み続けた。

柔らかいけど強い弾力もあって
モチモチしながらもスベスベで
俺の掌ではちょっと収まり切らない大きなおっぱいに
興奮してひたすらに揉んでは、左右交互に吸いついた。
姉はたまに小さく「うんっ・・」「やんっ!」と声をあげるのが
いっそう俺を興奮させた。
当時、まだ精通はしてなかったけど股間はビンビンだった。
それから30分くらい姉のおっぱいを堪能していたと思う。
姉は「誰にも言っちゃダメよ」「シーッだからね!」そう言って
俺の部屋から出て行った。

それからもたまに姉貴には
胸を揉ませてもらったり吸わせてもらったけど
初めてのあの時の体験は今でも忘れられない。

ちなみにそれから小5男子は姉貴のバイト先に来る事もなかったみたいだった。
俺が文句言って怒鳴った事よりも、
そいつの親父さんが「もう甘ったれるな!」って怒った事の方が効いたらしい。

よかったら投票をお願いします