小学校とか中学校では当時熱狂的にプロレス技を掛け合ったりするのが流行ってて、

全く興味のない俺でさえコブラツイストとか卍固めくらいは掛けられた。

そんなある時、小学校の時からずっと同じクラスだったエリちゃんとノゾミちゃんが、
俺と親友の大久保を初めて誕生会に招いてくれた。

彼女たちは誕生日が1日違いだったんだ。

この年頃は男女の間で異性を感じ始める時期で、お互いに深く関わらない雰囲気が
強くなり始めてたのだけど、

俺達4人は小学校からの付き合いなので結構な仲良しだ。


しかもエリちゃんとノゾミちゃんは学年でも一二を争う美少女ということで二人とも人気があった。

しかし俺と大久保は長い付き合いなので、あまり美少女として特別扱いをしては居なかった。

下校した後、着替えてエリちゃんの家に集合したのだが、エリちゃんの家は両親共働きらしく、

お母さんが遅い時間まで帰ってこないらしい。

プレゼント交換をしたり、手作りケーキやご馳走を食べたりして落ち着いた後、
エリちゃんが聞いてみたいことがあるという。

「男子っていつもプロレスごっこしてるでしょ?あのプロレス技って本当に痛いの?」

「あぁ、極まると凄くいたいよ。」

「ふ~ん、そうなんだ…。あたし達もちょっと試してみたいな。」

俺と大久保は顔を見合わせて、ちょっと面白いかもと思いながら同意した。
勿論その時はエッチな気持ちなどは微塵も無かった。

まず始めにコブラツイストの掛け方を試してみる。

身体を密着させてゆっくり技を手解きするのだけど、この時に俺も大久保も気が付いてしまった。

女の子にプロレス技を掛けるのは滅茶苦茶興奮するものなのだと…。

まず身体がとても柔らかい。そして良い香りがする。しかもあちこちがピッタリと密着してる。

それぞれ相手を替えながらお互いに技を掛け合ってみる。

「イタタ!うわっこれ本当に痛いね。本気で掛けられたら泣いちゃうかも?」

エリちゃんもノゾミちゃんも凄く興奮している。

「卍固めってあるでしょ?あれも教えてほしいな」

そこで俺と大久保は初めて戸惑ってしまった。
卍固めは片足を相手の首に巻き付けるのだけど、太股の辺りで相手の首を
抑え込みながら、腕を逆方向に極める技だ。
つまり脚を大きく開かなければならず、掛ける方も掛けられる方も凄いことになってしまうのだ。
俺と大久保は割と慌てながら説明した。この時は結構真面目で誠実だったのだ。
「二人ともスカートだし、脚を大きく開いて、しかも太ももの辺りで相手の首に
巻きつけるんだけど…。」
「まだ技を憶えていないから、掛ける途中に転んだりして危ないかも?
しかもスカートの中が見えちゃうかも?」
だけど女の子は二人とも目をキラキラさせて物凄く乗り気になっている。
直前に試したコブラツイストが物凄く楽しかったらしい。
仕方が無くまずは俺と大久保がお互いにゆっくり技を掛け合うところを見せて、
どんな形になるのかをじっくり見せることにした。
「わぁ、凄い!これってどこが痛いのかな?よくこんな技を思い付いたよね!」
なんて言いながらはしゃいでいる。
「ほら、こんな格好になるから、女子には無理じゃないかな?スカートだし…。」

エリちゃんは自分の家だからズボンも有るのだが、ノゾミちゃんは当然着替えがない。
エリちゃんのズボンを貸してもらったらどうかと提案したのだけど、女の子二人は
そこまで気にしないという。
そこで、それぞれに分かれて技を掛けてみることにした。
まずは俺達が軽く女子に技をかけてみる。
女の子を組み敷いて屈服させるような格好に妙な興奮を味わう。
「きゃ~、イタタタ!とっても痛い!」
そこで力を抜き、今度は逆に技を掛けられる。
しかしこの技は結構掛けるのが難しく、しかも相手はスカートだ。
足が持ち上げられ、その間に都合良く首を差し出し、太ももに巻き付けられやすく
するのだけど、どうやっても下着が見えてしまう。
最初はてっきりブルマーを履いてるものだと思い込んでいたのだけど、
二人とも完全にパンツだ。
「あっ、た、た、体操着を履いていないの?」
実は当時「ブルマー」という言葉が恥ずかしくて言えなかったので、
俺も大久保も女子の前では「体操着」と言っていた。
「あはは、見ちゃダメだよ。ブルマーは学校に行くときだけしか履いてないよ。」

頭がスカートの中にフワッと包み込まれながら、一瞬パンツを横目に見た後、
柔らかい太ももに巻き付かれる。滅茶苦茶幸せ!
しかも技の掛け方がよく判らないので変な形になり、どう言うわけか顔が
パンツの方に向いてしまったり、変なところに当たったりする。
「あれぇ、なんだか上手く行かないな…。スカートが邪魔で、掛け方がよく判らないや。」
エリちゃんもノゾミちゃんも同じ意見だったらしい。
当時のスカートは膝丈くらいまであり、しかも光が当たれば透けてしまうくらいの
フワフワな柔らかい生地だ。
そこで、いきなりエリちゃんがスカートを脱ぎ始めた。
ノゾミちゃんはそんなエリちゃんを見て、少しためらっていた。
彼女はワンピースを着ていたので、スカートだけ脱ぐことが出来なかったからだ。
でも意を決した後、ワンピースを脱ぎ始める。
上半身はブラジャーではなく、シャツでもない。子供用のブラジャーに近い形の
下着だった。こんな下着はその時初めて見た。
「あっ…。あたしも上着を脱いじゃおうっと…。」
ノゾミちゃんの姿を見て彼女だけに恥をかかせないよう、エリちゃんも上着を脱いだ。

エリちゃんもノゾミちゃんとそっくり同じような女児用の下着を着けている。
つまりタンクトップのようなブラジャーのような不思議な下着だ。
俺と大久保は言葉を失いながらも、完全に二人の下着姿に気圧されてしまった。
中学生の女子の身体は、もう殆ど大人の女性と同じようなスタイルになっていて、
腰もくびれ始めているし、お尻も少し肉付きが良くなっている。
何より胸が立体的に膨らんでいて、明らかに男の身体とは違うのだ。
そして再び技を掛けられる。
なかなか正しい形に決まらないので、何度も何度も形を変えながら、
あっちにぶつかりこっちにぶつかりして、ようやく様になり始めた。
エリちゃんもノゾミちゃんもうっすらと汗をかきながら、やっと卍固めの掛け方を覚えたようだ。
しかし俺も大久保もあまりに興奮しすぎて、キカン棒が明らかに判るくらい膨らんでいた。

「あっ、おっきくなってる!」
エリちゃんが興味津々につぶやいた。
「わっ、本当だ!大久保くんもおっきくなってる!」
「し、仕方がないよ。だって女子の下着姿なんて初めて見たし、こんなに身体が
くっついたら、勝手に反応しちゃうんだもん。」
「へぇ~、可愛いね。ちょっと触ってみようかな?わぁ硬~い」
「どれどれ、あぁ本当だ!凄く硬い。大久保くんのも同じくらい硬いかな?」
俺達は下着姿を見させてもらった引け目もあり、彼女たちの満足するまで
何も言わずに触られていた。
誕生会が終わって大久保と二人で帰るときに、「俺達も遠慮せずに触れば
良かったね。」と話しながら帰ったのだけど、
触っていたらもっと大変なことになっていたかもしれない。

よかったら投票をお願いします