小4のときの家族旅行で宿泊費浮かすために親戚の家に泊まりました。
久々に会う従姉は中学1年生になり大人っぽくなってました。
みんな順番に風呂に入ると親たちはリビングで一杯やりだしたので僕たちは
廊下や空き部屋で遊んでました。


夏休みだったので従姉も薄いワンピース一枚でかがむと膨らみかけなおっぱいが見えたり
話をするときもM字で股を開いてたり何も気にしてはいない様子でした。
僕も何食わぬ顔で見まくってギンギンでした。話をしてるとやはりエッチな話になってきました。
好きな人いるのかとかセックスは知ってるかとか従姉の性の知識は低い感じでした。

そんな話をしながらも僕の視線はMに開かれている従姉のグレーのパンティ-に
釘付けでした。幅4センチの奥が気になって仕方ありませんでした。
やはり気付かれてしまい、『見過ぎだよ。恥ずかしい』と照れてる従姉に僕は
『姉ちゃんの中も見たい。』と言いました。恥ずかしがりながらパンツをずらしてくれた
従姉は僕にじっくりとピンクの中を見せてくれました。

恥ずかしがりながら下をむく従姉の大きく開くワンピースの隙間から薄茶色の乳首も
同時に見てました。この頃から僕のS的な性癖は目覚めてたのだと思います。
結局30分くらい見てただけという淡い思い出ですがその従姉も今年で30になります。
ふと思い出したので書いてみました。携帯から長々とすみませんでした。

よかったら投票をお願いします