低学年までは、結構自由に遊びまくってた物だけど、中学年の終わり頃になると、もう何か塾や習い事に行かなきゃいけませんって雰囲気になってくる。
とはいっても、その雰囲気に一番敏感なのは母親っていうのに相場は決まっていて、本人の意思とは無関係に勝手に決めてきてしまい、果ては家計を圧迫するだのなんだの好き勝手言い始めて、家庭内がぎくしゃくしたりもするもんだ。

それまで、友達と全力で遊んでいた立場としては、たった週二日とはいえ、大事な時間を無駄に消費しているような気がして、正直かなり不機嫌だ。
かといって嫌な事ばかりかといえばそんな事は無く、それなりに新しい楽しみも見出していた。
”塾での居残り”っていう言い訳のもと、公然と夜遊びが出来る事。

すっかり手足のように馴染んだ自転車で夜の街をかっとばし、晩御飯に手渡されたメシ代で最高に旨い買い食いで腹を満たす。
夜のコンビニに流れる洋楽を聞けば、少しは自分が大人になったような気がして、俺達は存分に普段見慣れたはずの町のもう一つの姿、夜の街を満喫したものだ。


そして友達と別れた後・・・これからが本当のオレの夜の楽しみとなっていた。

周りに誰もいないのを確認し、思いっきりペダルを踏みしめ、とある場所に向う。

---そこは無人の公園。

臭くて汚い大きなトイレが、静かに電灯の音を響かせ、秘密の行動を嫌がおうにも盛り上げる。
自転車を木陰に隠し、オレは最大限の注意を払い、あえて一番汚い男便所の個室へと向う。
・・・そこには、誰かが捨ててったエロ本とか、Hな落書きとか、自分の部屋には到底置けないような、魅力的なパスワードが一杯詰まってる。
それは、これから行う行為には、絶対に必要不可欠な物なんだ・・・。

ふうっ・・・一息つき、周りに静かに意識を配る。

---大丈夫、誰もいない。

オレは金具の音をさせないよう、ゆっくりとベルトを外し、短パンとパンツを静かにゆっくりと脱いで小物置き場に置く。
ぐしょぬれかつ汚い床に服をふれさせて汚さないためだ。
こうすれば、これからの行為に集中することが出来る。

「さて、今日の中身は、っと・・・」

心臓をドキドキさせながら、個室の隅に落ちている雑誌を拾い上げる。

---今日は看護婦さんか・・・。

何の事は無い。
精通もまだながら、オレは自分の物を弄り回すことである程度性欲を満足させる方法を覚え、それこそサルのように毎晩そんな事をしていたのだ。

毛もまだ生えておらず、あまり強く弄ると先っちょが赤くなってしまう。
でもオレはその行為に夢中になってこねくりまわした。
まだ効率的なやり方なんかわからないから、痛くないように、エロ本にしっかり視線を固定しながら息を殺してやるだけだ。

「んっ・・んっ・・・んっ・・・んんっ・・」

腰から背中にかけて、重い・それでいて電流が走るような快感が走り、俺は個室の壁に一息ついてもらたれかかった。

「へへ・・・」

かさかさと紙で先っちょを拭き、雑誌の中のお気に入りのページをびりっと破る。
こうやってオレは、ささやかなオカズを親目につかずにファイリングしていたのだ。

ーーーこん、こん。

ひぃっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

だ・・・誰だ?!

さっきまでのささやかな行為への満足感が、一瞬で破滅への絶望感へと変わる。
この行為が恥ずかしくてみっともなくて、人間としての、いや、男としての尊厳をも地にまみれさせてしまう事は、子供のオレでもわかることだ。

--無視だ、無視!
この場を何時間でも黙ってやり過ごすんだ!!

・・・こん・・こん・・・。

ダメだ!!完っ全にばれてるよ!!どうしよう、警察や両親・あまさつさえも友達にまでばれちゃったら、もうお終いだよう!・・・もう泣きそうな気分で、それでも素直に謝れば、まだ見逃してくれるかもしれない。
その思いだけで、オレはそおっとトイレのドアを開けたんだ・・・。

ぎぃぃいいいいっ・・・怪奇物よろしく、必要以上に大きな音をきしませてドアが開く。

「あわわっ・・・」

じょ、冗談じゃない。
これ以上他に知られて、どうすんだよ?!慌ててドアに手を当て、ゆっくりと開いて辺りを見回す・・・。

・・・?

誰もいない・・・いや?!びくっとした。
隣の個室から、白く細い手が、ゆっくりとおいでおいでしてるんだから。
硬直してしまってなかなかあそこまで行く気がしない。
でも、逃げ出した瞬間に後ろから捕まったら、それこそ言い訳なんか出来やしない・・・オレはゆっくりと、隣のドアに手をかけた・・・。
---ばぁああああんっ!!

急にドアが開いて、俺は白い手に掴まれたかと思うと、凄い勢いで個室の中に引き込まれた!

「・・・つ!!!???」

叫ぼうとしたオレの顔や口が、何か柔らかい物で塞がれる!じたばたと必死になってもがくオレ!・・・でも、ちょっとした違和感を感じ、少し冷静になって目を薄く開いてみた・・・。

「・・・しーーっ・・・おねがーいーっ・・・何もしないから・・・何もしないから、ね?静かにしてー・・・」

囁き叫ぶように耳に押し当てられるあったかい吐息。
部屋に押し込まれたままの姿勢でオレが藻掻いていたのは・・・白くて柔らかいお姉ちゃんの肌だった・・・って?!

がばあっ!!
・・・オレは慌てて上半身を上げて、白い腕を引き剥がした。

・・。
ばあんっ・・・個室は既に閉められていたから、オレはあっという間に逃げ先を失った。
薄暗い個室の中で徐々に目が慣れていくと、どうやらオレを引き込んだらしい人も徐々に体を離していく。
すとんっ・・・向かいの西洋便器の蓋の上に腰を下ろしたのは、薄いカーディガンだけ羽織って、後は下着一つ身に付けない、一人のお姉さんだった・・・。

「・・・こんばんわ?ボク・・・」

お姉さんは、この状況下で、ごく普通に、凄く優しい笑顔を見せた。

「・・・お隣で、何をしていたのかなあ?」

くすくす笑いながらお姉さんがオレの顔を見る。

「そ・・・そんな事よりも・・・お、お姉さんこそは、裸じゃない・・・」

「・・・おちんちん、弄ってたでしょう?・・・いけないんだー・・・?」

大人の汚い論理のすり替えで、全然事の真相に近ずけない俺。
その状況が混乱を更に呼び、俺の顔と頭はもうすっかり熱くなっていた。
・・・と、その時!

「・・・静かに!」

ぐいっとまた腕をつかまれ、今度はお姉さんの前に一緒に蓋の上に座らされる俺。
と、同時に、どこからか酔っ払いらしき男の声が、便所に近づいてきた・・・。

男の言葉は、今や何ていってたのかは記憶も定かじゃないんだけど、とにかく甲高い奇声に近い声を上げて、会社なり何なりの悪態をついていたんだと思う。

「・・・ったくよぉぅ・・・」

じーーっ・・・じょぼろおおお・・・

「あーーっ」

男のため息が聞こえてくる。
相当酔っ払ってるようだ・・・と思ったら・・・

「!?」

ちーー・・・っ・・・。

蓋の上に座ってるオレを抱え込むようにしてるお姉ちゃんが、静かにオレの股間のチャックを下ろし始めた!!

(な・・・何してんだよ?!)

(んふふ・・・)

声に出来ない激しい会話がやりとりされる。
じたばたしようとすると耳元で、暖かいほとんど吐息での囁きがなされ、オレは動きを止めるしかなくなってしまった。

(・・・暴れるとばれちゃうよー・・・?)

動きを止めたオレの股間に、静かに白く細い指が滑り込んでいく・・・。

じょぼろおおお・・・

「・・・んあ?っるせえなぁ・・・」

男の声に再び息を飲む。
その瞬間、するっとチャックに入った指が、今までこんな風に触られた・・・いや、触った事が無いくらい、優しく、くすぐるようにパンツ越しに撫で回し始める。
ぞくぞくぞくうううっ・・・寒気がするような感じがして、思わずきゅっと足を閉じるオレ。
必死になってお姉ちゃんの腕を掴むんだけど、もそ・・もそ・・と動かされてしまうと、どうにも腰砕けになってしまうのだ。
そして、ついに濡れてしまってるパンツの膨らんだところに裂け目を入れるように指がなぞられ・・・恥ずかしい立ったチンチンをぽろっ、と出されてしまった。

(濡れてる・・・だめよお?ちゃんと拭かないと・・・汚いよ・・?)

ふふっていう吐息まじりに言われると、尚の事情けなくて恥ずかしい気持ちが湧き上がってくる。
どうしようもなく、オレはほんとに泣きそうな気分で必死にお姉ちゃんの腕を抑えてた。
でも、手首から先の動きだけで、オレの情けないアソコは散々弄ばれてしまった・・・。
そこへ、「・・・おーい、ボーズ?苦しいんかあ?」隣でションベン終えたおじさんが壁越しに聞いてくる。

本来なら絶対答えないけど、もう、隠しとおす事だけ考えてたから、必要以上の大声で「う、うん!寒くってなかなか出ないんだっ!!」とか答えた。

くすくすっ・・・と笑って、くにゅくにゅとまだ皮の向けきっていない先っちょをこねまわすお姉ちゃん。
もう冬が始まっていたから、吐く息は細く白く、オレの耳元を暖め撫でていく。

「・・・っうっ」

思わず声を上げてしまう。
あまりの屈辱感に、つい涙が出てしまった。

「っひっ・・・ぐしゅっ・・」

そうするとおじさんは、心配そうにこういった。

「・・・ボーズ?風邪引かないようになあ?これ・・・」

ぽんっと投げ込まれるポケットティッシュ。
んっ・・・お姉ちゃんの頭にあたり、それを受け止めたお姉ちゃんが、ひらひらとそれをオレの前に見せつけた・・・。

おじさんが去っていったのを充分な時間かけて確認した後、オレはお姉ちゃんの手から離れ、お姉ちゃんを見据えた。

「あら・・・怒っちゃった?」

あらあらという顔でオレを見返すお姉ちゃん。
・・・あったまりだえっつうの!!オレは怒りにまみれて怒鳴ろうとした・・・けど。

「なんっで・・っ・・・こ、こんな・・こんなっ・・・」

ぐすっ・・ぐじゅるっ・・さっきまでの緊張が解けたせいか、男として情けない所を見られたショックからか、本当にそんな意思は無いのに涙が後から後から出て止まらなくなった。
ひくつく嗚咽で言葉にもなりゃしない。
このバカお姉ちゃんに言いたい事は山程あるのに・・・そしたら、すうっと白い手が伸びてオレの両頬を押さえるように撫で回していった。

「・・・ごめんね?ボク・・・」

すうっと頭に手が伸びて、優しく髪を撫ぜる。

「怖かったねえ?・・・」

うんうんとオレの顔を見合わせて頷くお姉ちゃん。
違うよ、お姉ちゃん!オレは自分の情けなさと、お姉ちゃんにされた行為の屈辱さに泣いてるんだってば!!・・・どうにもこうにも会話がかみ合ってないような気がして、はぁって思わず息を付いてドアにもたれかかった。
そしたら、オレの顔を覗き込んでいたお姉ちゃんの正面に、まだ立ったままのチンチンを晒す事になってしまった。
再びかーっと熱くなるオレ。
お姉ちゃんはうふって笑うと、「ごめんね・・・?」って言いながら、ほふうぅって口をすぼめながら先っちょに息をふきかけた。
あそこにそって流れる暖かい空気の流れが敏感な先に触れていく。
そしてお姉ちゃんは、そのまま先にキスをした・・・。

今日、二回目のイキだった。

傍から見たら、きっとお漏らししちゃった弟を、優しくなだめながら拭いてあげてる・・・そんな感じに見えたことだろう。
そのビジョンを思い浮かべて、オレはまた泣いた。

・・・情けない、・・・恥ずかしい、・・・ばかみたい・・・。

「・・・ほら?おじさんのくれた紙で、キレイキレイしようねー?」

そんなオレの気持ちなんかお構いなしに、ニコニコと優しく、丁寧に濡れたチンチンの汚れをぬぐってくれるお姉ちゃん。
はた、と気付くと、お姉ちゃんがしゃがむようにオレの顔を覗き込んでた・・・。

ぐしいっ・・・涙をぬぐった勢いで、オレはお姉ちゃんを振り払うように手を振った。
・・・かちゃっ・・・無言でズボンを引き上げ、そのまま振り切るようにドアに手をかけた。
もう何を話してもはぐらかされるだけだし、何か話そうとすると涙が会話を邪魔しやがる。
もう早くこの場からいなくなりたかった。
・・・そんなオレを見て、寒そうに肩にはおったカーディガンをかき寄せ、便座の蓋の上に膝をくるませるように乗せて、お姉ちゃんは寂しそうにこう言った・・・。

「ごめんね?・・・寒かったから。・・・でも、あったたかったよ?ボク・・」

オレは過去、女の子を苛めて嫌な思いをした事があったから、こういう姿を見せられると息が詰まってしまう。
お袋に怒られるのが目に見えたけど、今日見せてしまった醜態を何とか男らしい態度で取り繕いたくて、オレは「・・・んっ!」と無言で自分のジャンパーを脱いでお姉ちゃんに向って押し付けた。

「・・・良い子だねー・・・」

こくっと覗き込むように小首をかしげ、さらあっとさっきの寂しそうな笑顔が、本当に優しい顔になる。
正直、あんなにこのオレを屈辱にさいなやまさせたお姉ちゃんがどうしてこんな笑顔ができるのか、俺にはさっぱり判らなかった。

でも、またこのお姉ちゃんは訳がわかんないこと言うんだ。

「でもね?そういう寒さじゃないの・・・第一、ボクが困るでしょう?」

そう言って、ぽふっとオレの顔を胸元で抱き締めるんだ。
ほっぺに胸の先があたってコリってして、オレは思わず「ーーーんーーっ!!」ってお姉ちゃんを押し返す。

「・・・こんなに冷たいのにね?・・・でも、これで暖かくなったでしょう?」

・・・いちいち手玉に取られる感じでむかつく事この上ない。
正直親切もアダで返された気分でもういてもたってもいられずにドアを開けて出て行こうとした。

「・・・いっちゃうの?」

・・・また、どうしてそう寂しそうな声を出すんだろう。
そして、どうしてそんなお姉ちゃんをオレは無視できないんだろう・・。
後ろを振り向かずに思わずこう叫んだ。

「・・・明日、また来てみよっかなっ!」

「・・・ふふっ・・・」

嬉しそうな声が、息を殺すように聞こえてきた。
そりゃそうだ。
こんなドアを開けている時にばれたら大変な事だ。
そこに気付いたオレは、トイレのドアをしっかり閉じた。
閉じる瞬間、片手を上げてニギニギしながら”ばい、ばい”するお姉ちゃんの笑顔が見えた。

すっかり遅くなってしまったオレは、自転車を飛ばしながら今更のように冷静に心の中で突っ込んでた。

”・・・明日もいるんかい?!そしてオレは行くんかい?!”

---無論その日は遅くなりすぎて、オヤジからのツッコミをもらったのは言うまでもない事だった。
よかったら投票をお願いします