中3のときに、小4の従姉妹(メイ)から告白されてなんとなく付き合ったんだ
いやらしいことといえばキスぐらいしかない
俺はもちろんエッチしたいけど、なんか親とかにバレたらこわいし、まだ童貞だしでなかなか踏み出せなかった

お盆とか年末年始とか、長い間学校が休みの日なんかはよくばあちゃんの家へ子供らだけで2週間ほど遊びに行くんだ
もうひとり、中2の従兄弟(タク)がいて、そいつも来るよく遊んでて仲はいいほうだ
俺が高1になってからの夏休み3人が寝る場所は同じで、川の字に布団を敷いた俺、彼女、ヤツの順だ
いちゃいちゃしようと思ったけどヤツがいるし…仕方がないので寝ることにしただけどなかなか寝付けないクーラーがないし、窓あけてても蒸し暑い

枕元にあった時計を見ると、もう0時をすぎてた寝たのは11時すぎ
けっこう夜更かししたなぁ…だけど眠れないどうしたものか


「メイ、起きてる?」
小さな声でタクが言った
俺は二人に背を向けてる
「起きてるけど?」
メイがそう返すと、タクは
「こっちこいよ、一回やらせて」
「えー…汗かくしぃ…」
「あとでシャワー浴びればいいじゃん?ばあちゃんも寝てるから大丈夫だって」
「うう~ん…」

なんか渋々OK出したなにする気なんだろうイヤな予感がした後ろでヒソヒソ話してるしもぞもぞ動いてる感じ

「兄ちゃん寝てるよね?」
メイが言った
「アニキなら寝てるっしょ」
「オケ~、キス以外ね」
メイなにしてんだつか、まさかナニしてる?

服は全部脱いだんだろう布が擦れる音はしなくなった
たまにクスクス笑い声が聞こえる
喘ぎ声だって、ぴちゃぴちゃと音も聞こえる
俺はもう固まって動けなかった
怒りで頭は痛いわ、泣くに泣けないじっとガマンするしかない

「いれるよ」
タクがそう言うと、メイは小さく声を漏らした
肌と肌がぶつかる音がとても大きく聞こえる
だんだんそのペースは上がっていく
「ん、たっくんっ、たっくん…」
切なそうな声でタクになにかを求める
今度はキスでもしてるのだろうか
その長い長い行為は終わりに近づいてきた
「メイ、出る、いくよ」
メイははぁはぁと息を荒げながら、タクの精を体内で受け止めたようだしばらくの沈黙のあと、少し会話を交えてから二人はこそこそと部屋を出て行った
それからどれぐらい経ったんだか静かに部屋に戻ってきた
「……にいちゃんとかには秘密ね?」
「わかってるってば(笑)」
……次の日から、タクを少し避けるようになった

よかったら投票をお願いします