子供の頃の悪戯や性的虐待は、みんな、心の底に閉まってて、結構あると思います。

私もそんな人です。私が性に目覚めたのは小の頃でした。学校の登り棒でアソコを擦りつけたのが始まりでそれが一体何なのかわからずただ気持ちいいから昼休みになるといつも登り棒でアソコを擦ってました。年生になる頃にはそれは日課となり休み時間になると、ダッシュで、登り棒の所に行ったり、放課後にも行くようになってました。

年生の夏休みの事です。今でこそ学童などで夏休みでも学校は空いてますが、当時は学校が閉められており、登り棒が使えない為、少し離れた登り棒のある公園に行き、アソコを擦っていた時、知らないオジサンに声をかけられました。

人何年生何してるのそれ気持ちいいんでしょなど、色々聞かれました。

それが何となく、いけない事をしている自覚もあったし、オジサンにバレたのが恥ずかしくて、固まっていると、

それをすると、女の子はアソコに、ばい菌が入るって大変だから見てあげるような事を言われしげみに連れて行かれ、オジサンにを脱がされました。

ばい菌が入ってたら、どうしよと凄く不安になり、オジサンの去れるがままでしたね(笑)

オジサンに触らると、凄く、くすぐったくて

我慢してると、だんだん頭がボーっとしてきて、立つことが出来なくなりました。

私はオジサンの言うとおりに足を開いたまま横になりました。

するとオジサンが私のアソコを舐めだしたので

ビックリしたのですが、ばい菌を吸い出してる

と言う理由に納得してしまい、ジュルジュル音がなるのが恥ずかしくて耐えるのに必死でした。

それとオジサンに舐められた時に、登り棒で感じる事の出来ない程の快感を感じ、体中、電気がビリビリ流れた感じがしました。それでもオジサンは舐め続けるので、全身の力が抜け、何も考えられなくなってボーっとしていると、オジサンが覆い被さってきて、胸も舐められキスもされました。

その後オジサンはキスをしながら、と息をもらしながら、何やら動いてましたね。オジサンの息が臭かったのを覚えています。

舐められた感覚とは、また違う感覚がアソコに感じましたが、不思議と痛くはなかったです。

やがてオジサンの動きが止まり上半身を起こすと、オジサンが、ち○こを出していたのでビックリしましたね。私の穴からは白い液体が垂れてきてました。

よかったら投票をお願いします