姉ちゃんが高2、おれが中3の時。姉ちゃんは、そりゃ、グラビアアイドルほどじゃないけど、けっこうかわいいほうだと思う。

タイプで言ったら、AV女優の古都ひかるちゃんかな。おれが妹もののAVで抜いてたんだよ。

深夜だからヘッドフォンで抜いて、終わって振り返ったら、姉ちゃんが座っててさ。

あんときは心臓が止まるほどびっくりしたね。

なんせ家族はみんな寝てると思ってたから。「なにしてるの?」
って、姉ちゃんがにやけながら聞いてきたんだ。俺はまだ振る朕のままだったからあわててパンツを上げた。「な、なにって?」
「なにしてるのよ?」
姉ちゃんはイシシシとわらって、俺の顔に、顔を近づけてきた。「なにって…」
答えられるわけがない。「なにそれ?」
姉ちゃんは、俺の手に握られたテッシュを見る。俺は手に持ったテッシュをあわてて、ゴミ箱に捨てる。「エッチなビデオ見てたんでしょ。いやらし〜」
「なんだよ、帰れよ」
「いいじゃない。

私にも見せてよ」
「なんでだよ」
「ふん、見せてくれなきゃ、お母さんにバラスからね」

姉ちゃんは音量を絞って、ヘッドフォンを抜いた。「へ〜っ、お〜っ、すごいねぇ」
などと変な歓声を上げている。

「これ妹とするやつなの?正敏は妹好きなの?
妹がほしかったの?」
「いや、ほしかったって言うか…。

そういうAVの設定なだけだし」
「お姉ちゃんと妹どっちがすき」

急に、姉ちゃんが俺の顔を覗き込むように聞いてきた。「いや、妹いないかわらかんないよ」
「こういうことしてみたい?」
姉ちゃんが突っ込んで聞いてきた。

姉ちゃんの様子が少しおかしい。

AV見て、
興奮してきたのかもしれない。ちょうどAVでキスの最中だった。「こういうことしてみよっか」
姉ちゃんは俺のシャツの裾をつかんでいった。「ん…」
俺もあいまいな返事をした。

夜で二人っきりだったし、正直、ちょっと雰囲気に
飲まれていたと思う。姉ちゃんがオレの唇にそっと、唇を合わせた。

唇が触れる程度のキスだった。唇を話した後、
「ビデオのキスって、こんな感じじゃないよね。

もっと濃厚だよね」
姉ちゃんはうつむいて言う。「うん」
もう一回キスをした。

今度はディープキス。

つい、オレから舌を入れてしまった。姉ちゃんの体が小さく揺れる。俺はつい姉ちゃんのおっぱいに手を触れてしまった。でも姉ちゃんは抵抗しなかった。Tシャツの上から触ったら、姉ちゃんはブラつけてなかった。俺が揉んでも何も言わない。ディープキスが終わったあと、姉ちゃんの目は酒に酔ったみたいにとろんとしていた。「胸見ていい?」
姉ちゃんは小さくうなずく。Tシャツを捲り上げると、姉ちゃんのおっぱいが見えた。まあ、シャツの上からでもわかっていたが、姉ちゃんはけっこうおっぱいがでかい。多分、Eぐらいはあったかも。

当時は比較対象がビデオだけだったんでよくわから
なかったが。でも、姉ちゃんの胸は、大きいだけでなくて、すっごく形もキレイだった。

あれか
らオレも彼女とか風俗とかでいろんなおっぱい見たけど、俺が名まで見た胸の中で
はいちばん。触ってみてわかったけど、おっぱいってけっこう硬いんだなって思ったよ。

今考
えたら姉ちゃんも若いからはりがあったんだっと思う。

十代だし。いきなりオレは姉ちゃんの乳首にむしゃぶりついた。そのままじゅうたんに押し倒す。ただ乳首だけを、音を立ててぴちゃぴちゃ吸った。姉ちゃんの呼吸を荒くなった。「ねえちゃんのおっぱいすごくきれいだよ」
俺は正直にそう言った。姉ちゃんは閉じていた目を開けて、
「そ、そう?アリガト」
とだけ言った。オレはそのまま一気に、ショートパンツも脱がそうとした。「待って」
姉ちゃんが静止したから、さすがに調子に乗りすぎたかと思ったら、
「あ、明かりを消して」
と言うことは、明かりを消したらOKってことだ。俺はばっと立ち上がって、証明を豆電球だけにした。こっちのほうがエッチな雰囲気があって興奮した。俺はたまらなくなって姉ちゃんを全裸にした。

姉ちゃんの裸をもろに見たのは
○学生のとき以来。

さすがに比較にならないぐらい成長している。抜いた直後とはいえ、若かった俺はギンギンに硬くなっていた。姉ちゃんの体のありとあらゆるところを舐めまくった。おっぱいも、おなかも、首筋も、太ももも、ひっくり返してお尻も舐めまくった。姉ちゃんは声も出さずにじっと、俺のされるがままだった。ついにオレは姉ちゃんの太ももを開いた。まだここは舐めてないのに、本当にぬれてる。

当時童貞だったオレは感動した。女って本当にぬれるんだって。姉ちゃんのあそこに顔をうずめたとき、
「あっ!」
とさすがに姉ちゃんは声を上げた。恥ずかしかったのか、そこにあるクッションで顔を隠した。

でも嫌がってはいな
いし、たとえ抵抗してももうやめる気はなかった。オレはべろべろ姉ちゃんのあそこを舐めまくった。いちおう知識ではクリトリスが一番気持ちいいとは知ってたから、そこを念入り
に舐めあげる。姉ちゃんがびっくっと反応した。息が苦しくなると俺は顔を上げ息を吸い、そしてまた顔をうずめた。

多分10分は
責め続けていたと思う。姉ちゃんが急に痙攣して、俺の顔をまたではさんだ。

それから、
「も、もうやめて」
と、腰を引いて、俺のクンニから逃げた。息が荒くなってた。

それからオレに抱きついて、しばらくそうしていた。(ああ、いったんだな)
って、俺は直感的にわかった。「姉ちゃん、気持ちよかった?」
姉ちゃんは小さくうなずき、俺の耳たぶをかんだり、首筋にキスをしたりしてい
た。

完全に甘えている感じ。でも、これからどうしようかと俺は考えた。

本番までしちゃっていいんだろうか。さすがに姉弟だし。

なんせ、コンドームもない。でも、俺の息子は収まりつかない。

俺が悩んでいると、姉ちゃんが急に俺のチン
コに手を当ててきた。「ねえ、正敏はどうしたら気持ちいい」
「え?」
「これをどうしたら気持ちよくなるの?」
「手でこすってほしいんだ」
「ああ、さっき自分でしてたみたいにね」
姉ちゃんはいたずらっぽく笑うと、俺を寝かせて、スエットのパンツとトランク
スをおろした。オレの勃起したチンコとこんにちわする。姉ちゃんはじっと俺のチンコをみていた。「おっきいね」
「そ、そう?他人と比べたことないからわかんないよ」
「だって、子供の頃はもっと小さかったでしょ」
「そりゃ、そうだよ。

姉ちゃんの胸も大きくなってるじゃん」
「うふふ」

それから姉ちゃんは手で握ると、ゆっくり擦り始めた。「これでいい?」
「う、うん、もう少し強いほうが気持ちいいかな」
姉ちゃんは手に力を込める。「さっき、ビデオでこうしてたよね」
姉ちゃんは、オレのTシャツをめくって、乳首を舐め始めえた。他人に乳首を舐められたのは初めてだったから、気持ちよくってオレはびっくり
した。

すぐ行きそうになる。それから姉ちゃんは、
「あのさ、ビデオでやってた、あの、口でするのって、なんていうの?」
「え?フェラチオのこと?」
「フェラチオって言うの?あ、あれって、気持ちいいの?」

「え?し、知らないよ。

俺されたことないもん」
「そ、そうだね」
「姉ちゃん、口でしてくれるの?」
ダメもとで俺は聞いてみた。しばらくの沈黙の後、姉ちゃんはうなずく。俺は信じられなかった。

裸で手コキまでしてもらって、その上、口でして
もらえるなんて。「そ、それじゃ、おねがい」
姉ちゃんは俺の股の間に入ると、すこし躊躇しながらも、ゆっくりとそれを口
に含んだ。姉ちゃんの体温がじかにチンコに伝わる。「うわっ!」
俺は心の中で歓声をあげた。姉ちゃんもフェラテクはなかった。

名前を知らなかったぐらいだから、初め
てだったのかもしれない。ただ口に含んで、ネコみたいに舐めているだけ。それだけでも十分刺激的だったけど、射精には至らない。「姉ちゃん、頭を上下に動かして。

唇でこすって」
オレが注文をつけると、姉ちゃんはゆっくりと頭を動かし始めた。待ちに待ってた摩擦刺激。

おれは30秒と持たなかった。「ね、姉ちゃん、出るよ!」
俺は口で言ったが、姉ちゃんはやめなかった。俺はたまらず姉ちゃんの口で放出した。

姉ちゃんは俺のが全部出るまで口
に含んだままだった。出終わったのを確認してから顔を上げて、両手て気合を入れるように握りこぶ
しを作ってから、一気に精子を飲み込んだ。恥ずかしそうに笑ってから、
「にが〜い」
「の、飲まなくてもいいのに」
「そ、そうなの?みんな飲むんじゃないの?」
「いや、俺も知らないけど」

姉ちゃんは満足したのか、いつもの調子に戻っていた。

イシシと笑って、俺
の額を指で突く。「かわいかったよ、正敏」
かわいかったのは姉ちゃんのほうだと思ったけど、さすがに言えなかった。冷静になってからどっと、チンポ見られている恥ずかしさがこみ上げてきた。萎縮した俺を、
「よしよし」
猫でもあやすように抱きしめて、ナデナデする。おっぱいが俺の頬に触れた。「姉ちゃん、どうしてこんなことしてくれたの?」
「う〜ん、どうしてかな」
姉ちゃんは笑ってごまかしていた。「正敏は妹とお姉ちゃんどっちが好き?」
「姉ちゃん」
「よくできました」
姉ちゃんは最後にもう一度キスしてくれました。それがオレと姉ちゃんとの思い出。そんな姉ちゃんも、去年お嫁に行きました。たぶん俺は実験台にされてたんだな。さすがに本番はしなかったけど、その後も何回も手と口とスマタでお世話に
なりました。あんだけスタイルよくて、テクニシャンの姉ちゃんなら、彼氏も幸せ者
だと思うよ。

よかったら投票をお願いします